見えない波――日本の小説家と詩人が問いかける東日本大震災、原発事故、その記憶と未来。

 

 2011年3月11日に起きた、東日本大震災から3年が経つ2014年3月。日本小説界のトップランナー・古川日出男、詩人の管啓次郎、石田瑞穂が、東日本大震災後のいま、そして未来をフランスとイギリスで語り、世界に問いかける「見えない波 プロジェクト」。薄れつつある震災の衝撃と記憶、原発事故によっていまも苦しんでいる被災地と人々の想いを、文学の言葉はどう受けとめ、未来をさがしてゆけるのか。いま、ほんとうに起きていること、大切なことは、目に見えない。 

 

       

       あれほどの波濤が、あれほどの犠牲が、今ではもう目に見えない。

       でも、語り部たちは古来、見えないものを見せてきた。
       ――僕たちにもそれができないだろうか。

                              古川日出男

 

Vagues invisibles ― Les écrivains japonais face à la catastrophe : tsunami, Fukushima et notre avenir

 

Mars 2014, trois ans après le séisme et le tsunami du 11 mars 2011 dans le nord-est du Japon. Hideo Furukawa, l’un des écrivains contemporains japonais les plus en vue, et les poètes Keijirô Suga et Mizuho Ishida sont en France et en Grande-Bretagne pour évoquer la situation post-Fukushima et l’avenir, pour interpeller le monde avec le projet vagues invisibles. Comment l’expression littéraire peut-elle prendre acte du choc et du souvenir de la catastrophe qui s’effaçent progressivement, des sentiments des habitants des zones sinistrées, aujourd’hui encore en proie aux conséquences de l’accident nucléaire, et comment peut-elle se mettre en quête de l’avenir ? Ce qui se passe réellement aujourd’hui, ce qui est important, est invisible.

                             

                              Une si grande vague, un si grand sacrifice, maintenant invisibles.

                              Mais, hier comme aujourd’hui, les troubadours donnent à voir l’invisible.

                              Ne le pourrions-nous pas, nous aussi ?

                                    Hideo Furukawa

.

Invisible Waves― Japanese writers on the Tsunami, Fukushima and our Future

  March 2014 will mark three years since the Great East Japan Earthquake of March 11, 2011 and subsequent meltdown at Fukushima. In the “Invisible Waves” project, Japan’s leading novelist Hideo Furukawa and poets Keijiro Suga and Mizuho Ishida will be discussing the current and future post-Earthquake state for Japan. Through a series of readings in France and the UK, these writers bring their experiences and pose questions to the entire world. How can literature imagine the future by capturing the impact and fleeting memories of the Earthquake?  What is literature’s role in recording the emotions of the stricken areas and its people who are still suffering from the Fukushima nuclear power plant accident? What is happening now, what is valuable, remain largely invisible. What can we write?

 

 

                    Such surging waves, so many victims, even now invisible to all eyes.
                    Yet storytellers, from time immemorial, have made the invisible visible.
                    Surely we can do the same.
                                                                                                 Hideo Furukawa

ニュース

2015年

1月

25日

フランスの画家グザヴィエ・ボロさんからメッセージが届きました。

フランスの画家グザヴィエ・ボロさんから、「見えない波」へのメッセージです。

こちらからご覧ください。


0 コメント

2014年

10月

17日

作品ページとアーカイブページをつくりました

作品ページには古川日出男、管啓次郎、石田瑞穂の作品を掲載していきます。

現在は、古川日出男「赦されるために」、管啓次郎「『島の水、島の火』から2片」、石田瑞穂「夜釣り」が複数言語でお読みいただけます。

http://invisiblewaves.jimdo.com/作品-works/

 

アーカイブページには、朗読の動画などでの記録をアップしていく予定です。

今は石田瑞穂がスロヴェニアの詩祭りで朗読した際の動画がご覧いただけます。

http://invisiblewaves.jimdo.com/アーカイブ-archives/

 

ぜひのぞいてみてください!

 

 

0 コメント

2014年

9月

20日

スロヴェニアの詩人、アレシュさんからメッセージが届きました。

スロヴェニアの詩人アレシュ・ シュテゲルさんから、「見えない波」へのメッセージです。

こちらからご覧ください。

nvisiblewaves.jimdo.com/メッセージ-messages-for-invisible-waves/

0 コメント

2014年

9月

20日

スロヴェニアでの番外編イベントの様子を石田瑞穂のブログにアップ

管啓次郎と石田瑞穂がスロヴェニアの詩祭に参加し、「見えない波」番外編のトークイベントを開催しました。

詩人で小説家のアレシュさん(写真左)が司会をしてくださいました。

詳しくは石田瑞穂の以下のブログからお読みください!

 

http://traveling-songs.blogspot.jp

0 コメント

2014年

8月

12日

「見えない波」へのメッセージが届きました。

アラスカから赤阪友昭さん、Lynn Schoolerさん、Leon Ingulsrudさんがメッセージを寄せてくださいました。

どうぞご覧ください!

 

http://invisiblewaves.jimdo.com/メッセージ-messages-for-invisible-waves/

0 コメント

2014年

7月

01日

パリ講演原稿を公開

2014年3月5日、7日にパリで行った講演の原稿を日本語とフランス語でお読みいただけます。

 

http://invisiblewaves.jimdo.com/パリでの講演原稿-textes-lus-aux-lectures-rencontres-tenues-à-paris/

 

1 コメント